当院では白内障手術や硝子体手術などの様々な手術を行っております。
今まで遠方の医療施設に受診し入院治療・手術を受けていた方も多いかと思います。
当院の存在によってその様な負担を減らす助けになれば幸いです。
安全で精度の高い手術を行っていますので、手術を考えておられる方はお気軽にご相談ください。

白内障とは?
 眼の中にあるレンズ(水晶体)が濁り、物が見えにくくなる病気です。

白内障とは

白内障の原因
 様々な原因がありますが、最も多いのは加齢によるものです。
 程度の差はありますが、誰でも年を取るにつれ水晶体は濁ってきます。

手術のタイミングは?
 白内障が進行して視力が低下した場合、日常生活に不自由を感じるようになったら手術を行うこと
 が多いです。

手術の方法は?
 手術は濁って硬くなったレンズを超音波で粉砕して取り除き、代わりに眼内レンズを挿入します。
 手術は短時間で終わります。

白内障手術

当院では日帰り白内障手術を行っています。
分からないことや不安なことがありましたらお気軽にお尋ねください。

加齢黄斑変性とは?
 網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、ゆがんで見える・視野の中心が暗くなる・視力が低下する
 などの症状が出ます。

黄斑部の断面図

加齢黄斑変性の治療法は?
 下記のような治療があります。一般的には抗VEGF薬療法を行うことが多いです。

 抗VEGF薬療法
  抗VEGF薬という新生血管を沈静化させる薬を
  眼内に注射します。

 光線力学的療法(PDT:photodynamic therapy)
  弱いレーザーによって新生血管を選択的に
  破壊する治療法です。

抗VEGF薬療法
光線力学的療法

 網膜光凝固術
  レーザーで新生血管を焼く治療法です。

 サプリメント
  加齢黄斑変性の予防のために使用されます。

網膜光凝固術
サプリメント

当院では主に抗VEGF薬療法による加齢黄斑変性治療を行っています。
また必要な方にはサプリメントの提案もしています。

硝子体(しょうしたい)とは?
 眼球の内部にある透明なゼリー状の線維の
 かたまりを硝子体といいます。

網膜(もうまく)とは?
 網膜とは、眼球の内部にある膜で、
 カメラに例えるとフィルムに相当する部位です。
 網膜の中心部分を黄斑(おうはん)といいます。

硝子体手術とは?
 硝子体の切除 等の処置により、網膜や
 硝子体の病変を治療する手術です。

どんな病気に対して手術をするの?
 具体的には以下の病気などに対して硝子体手術を行います。

 黄斑上膜(おうはんじょうまく)
  黄斑に薄い膜が張り、その膜の影響で
  視力障害を来します。

 黄斑円孔(おうはんえんこう)
  黄斑に穴が開くことによって、視野の
  中央部分が見えなくなる病気です。

 網膜静脈閉塞症
  (もうまくじょうみゃくへいそくしょう)
  網膜の静脈が閉塞してしまうことによって
  視力障害を来します。血管の詰まり方によっては
  早期の対応が必要な場合もあります。
  硝子体腔への浮腫軽減剤を注入することが多い
  ですが、なかなか治らない方には硝子体手術を
  行う事もあります。

 網膜剥離(もうまくはくり)
  網膜が剥れてしまう病気です。
  網膜が剥れた部分は放置しておくと
  見えなくなってしまうので、早期の手術が
  必要になります。
  網膜剥離の手術方法には2種類の方法
  があります。網膜剥離の起こり方 等によって
  手術方法を選択します。

 糖尿病網膜症(とうにょうびょうもうまくしょう)
  網膜に出血やむくみ 等が発生します。
  さらに病気が進行すると新生血管が出現し、
  最悪の場合は失明してしまう病気です。

 黄斑浮腫(おうはんふしゅ)
  網膜静脈閉塞症や糖尿病網膜症などにより黄斑が
  むくんでしまい視機能低下をきたす病気です。

当院では様々な疾患に対して日帰り硝子体手術を行っています。
上記の疾患 等でお困りの方はお気軽にご相談ください。



また、その他疾患(眼瞼疾患・緑内障 等)に対しても手術治療やレーザー治療を行っています。

ページ上部へ戻る